看護部委員会

教育委員会

*各部署ではプリセプターやチームで指導を行い、院内外の研修もあるので新人看護師から、准看護師、ブランクのある看護師、そして補助者も安心して業務につくことができます。専門看護師・看護管理教育なども推進しております。

記録委員会

看護の質の向上を目指し看護記録に関する検討を行い、その体制の整備を目的としています。

  1. 看護記録の質の控除と記録時間の短縮化を検討
  2. 看護実践を証明するための適切な記載基準の検討
  3. 診療記録開示の目的に適う看護記録の在り方の検討
  4. リスクマネージメントを視点においた記録の検討
  5. 記録監査の実施と検討
  6. フォーカスチャーティング勉強会

褥瘡委員会

看護部褥瘡委員会では、院内褥瘡発生率の低下と予防にむけた対策に取り組んでいます。全入院患者に対するリスク評価と、褥瘡有病患者の経過評価、月1回の委員会メンバー(医師、看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士)による回診および、皮膚・排泄ケア認定看護師によるコンサルテーションを実施しています。院内には7種類のマットレスがあり、患者の状態に応じ選択します。リンクナースを通じ職員の教育や啓蒙に努め、日々の看護業務に反映できるよう他職種協働で予防に取り組んでいます。

安全・感染委員会

医療安全・感染委員会ではKYTトレーニングを取り入れ、指差し呼称運動の推奨活動を行うほか、下記の活動も行っています。

  1. 転倒転落アセスメントシートの活用
  2. 手袋装着100%
  3. リキャップ0

感染対策委員会

看護部感染対策委員会は、各病棟・オペ室・外来にリンクナースを設置し院内感染対策委員会における情報・決定事項を各所属のスタッフへ伝達するパイプ的役割を担っています。また、ICTラウンドにおける現場の改善点やアウトブレイク時の対応など感染対策に関する実践的リーダーとして活動しています。

業務委員会

看護部業務委員会では、日々の業務を見直し看護業務基準に沿った業務改善を実施でき、安全かつ円滑に業務が遂行できるための活動を行っています。 申し送り短縮における看護ケアの充実を図ることや業務の特徴を捉え、患者やスタッフの環境を考慮した看護体制確立への取り組みを病棟単位でなく看護部全体として捉えた活動を行っています。

Copyright © Hasuda Hospital all rights reserved.

このページの先頭へ

MENU