教育制度

看護部教育理念

  1. 病院・看護部理念に基づき、安全で質の高い看護を提供できる人材を育成します。
  2. 看護師としての誇りを持ち、自己成長できるよう支援します。

教育基本方針

  1. 豊かな人間性と専門職として必要な倫理観を高め、全ての人々を尊重する態度を育成します。
  2. 専門的知識や技術を習得し、対象にあった看護を提供するためのアセスメントができる人材を育成します。
  3. チーム医療における自己の役割を自覚し、社会人としての責務が果たせる看護師を育成します。
  4. 経営意識を持って行動できる看護師を育成します。
  5. 専門職業人として主体的に自己研鑽できる人材を育成します。

平成27年5月1日改訂

教育目標

病院職員としての役割と責任を自覚し、質の高い医療サービスが提供できる看護職員を育成する。 学習への動機づけと意欲的な生涯教育の取り組みを促し、積極的な学習を通じて自己成長を促進する。

クリニカルラダー制

看護職員一人ひとりの学習ニーズと目標を尊重し、キャリア開発を通して一人の人間として、また専門職業人としての成長・発達を支援します。 個人は主体的・自律的に能力開発を行い、看護部は学びを実践で統合できるような教育環境を提供します。

教育プログラム

ステップに沿った段階別研修・共通研修・専門研修などを院内外教育を計画しております

平成24年度看護研究発表会テーマ

最優秀賞

整形外科腹臥位手術における膝部の除圧方法についての検討
~オムツジェルの使用を試みて~

優秀賞

看護師の転倒・転落に対する情報共有への取り組み

発表作品

  • 看護補助者との協働を目指して ~病棟目標を達成するための勉強会の試み~
  • 摂食・嚥下機能訓練における看護師の意識 ~他職種による摂食・嚥下ケースカンファレンス~
  • 下部内視鏡用紙の問題点を探る ~視覚に訴えた説明用紙の作成を検討して~
  • 胃切除後患者に対する食事指導の手順統一に向けて ~パンフレットを活用した看護介入~
  • 肺炎治療における肺ケアの取り組みへの看護師の意識改善を目指す ~スクイージング方法を取り入れて~
  • 入院患者の期待度と満足度

Copyright © Hasuda Hospital all rights reserved.

このページの先頭へ

MENU