検診センター

平成31年度「高齢者肺炎球菌感染症予防接種」説明書はコチラ

人間ドックとは

人間ドックには健康診断と違い、法的に決まった検査項目は存在しません。健康診断は生活習慣病リスクに関する検査が中心に広く検査を行いますが、人間ドックはより専門的に深く調べることが可能です。
当院では半日ドックと入院ドックの2種類をご用意。オプションにて気になる項目を追加していただくことも可能です。

人間ドック:詳しくはこちら

特定健診とは

特定保健指導とは特定健診の結果から生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、生活習慣を見直すサポートを行うものです。
当院では2011年(平成23年)4月より特定保健指導を行っております。

特定健診:詳しくはこちら
特定健診に関する規定事項:詳しくはこちら

特定保健指導とは

特定健康診査の結果から、生活習慣病の発症リスクが高い方に対して、医師や保健師や管理栄養士等が対象者お一人お一人の身体状況に合わせた生活習慣を見直すためのサポートをします。特定保健指導には、リスクの程度に応じて、動機付け支援と積極的支援があります。(よりリスクが高い方が積極的支援となります)

特定保健指導:詳しくはこちら

検診センター長からのご挨拶 : 検診センター長 兼子 順

日本は世界有数の長寿国でありますが、高度経済成長による生活環境の変化や食生活の変化により、悪性新生物(がん)や生活習慣病(糖尿病、肥満、高血圧、脂質代謝異常)が増加傾向にあります。健康で長生きすることは我々人類の理想であります。個人で健康増進に励んでもそれを個人が客観的に評価することは困難で、症状が出現してからでは手遅れになることも少なくありません。皆様の健康状態を最新の技術を用いて診断し、皆様の快活な人生のお手伝いをすべく2008年(平成20年)7月に検診センターを設立いたしました。皆様の検診記録は時系列で保存され、蓮田病院の医療システムとデータを共有しているため、検診にて異常が見られた場合の対応も、より早く、より深く対応できるものに構築いたしました。

当検診センターが皆様の健康生活増進の一助になれることを願ってやみません。

Copyright © Hasuda Hospital all rights reserved.

このページの先頭へ

MENU