平成30年度 蓮田病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 - 29 94 66 197 284 567 1130 962 356
平成30年度の退院患者数は3685人、年齢階級別では70代の方が1130人と最も多くなっております。
60代以上の患者割合は82%と地域社会の高齢化を示しております。
高齢化に伴い、リハビリや在宅復帰に向けた医療や支援を行う為、地域包括ケア病棟を増床し在宅に向けた取り組みを行なっております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 376 2.14 2.67 0 68.68
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 45 6.53 4.96 0 68.73
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 39 11.41 7.75 0 66.87
060390xxxxx0xx 細菌性腸炎 処置2なし 34 7.35 7.30 2.94 50.12
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 31 4.90 5.42 3.23 60.10
上位5症例での平均年齢は62.9歳となっております。最も多い小腸・大腸の良性疾患、大腸ポリープ切除では68.7歳となっております。
外科では消化器疾患が上位を占めております。大腸(結腸)ポリープ、鼠径ヘルニア、胆嚢疾患及び乳腺疾患の手術、化学療法など多岐に渡る治療を行なっております。
表記上、一般病棟に1回以上入院した患者数を掲載していますが、一般病棟を経由しない患者数、小腸大腸の良性疾患は30名、鼠径ヘルニアは17名おり、合計数は、小腸大腸の良性疾患は406名、鼠径ヘルニアは62名となります。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 150 80.37 20.92 4.67 85.47
050050xx99100x 狭心症,慢性虚血性心疾患 手術なし 処置等1_1あり 処置2なし 定義副傷病なし 67 2.75 3.01 0 70.49
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 41 38.73 12.58 2.44 81.71
050050xx02000x 狭心症,慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置等1_なし,1,2あり 処置2なし 定義副傷病なし 37 3.59 4.47 2.70 73.68
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 29 39.52 17.66 0 86.59
上位5症例の平均年齢は79.6歳となっております。最も多い誤嚥性肺炎では85.5歳と高齢化を示しております。
高齢化に伴い、自宅に帰られる方ばかりでなく施設等に入所されている方も多く、急性期の治療後に「地域包括ケア病棟」及び「療養病棟」にて在宅への訓練、心の準備をしてから退院していただいております。これらの調整期間もあり平均在院日数が長くなっております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 83 55.33 26.30 9.64 82.49
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 51 38.24 19.61 0 81.57
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 33 9.48 5.68 0 70.42
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤,不安定椎 脊椎固定術,椎弓切除術,椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む) 前方椎体固定等 処置2なし 30 18.13 21.39 0 68.33
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 手術あり 定義副傷病なし 21 5.90 6.07 0 51.10
上位5症例の平均年齢は70.8歳となっております。最も多い股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等では82.5歳と高齢化しております。高齢化に伴い、自宅に帰られる方ばかりでなく施設等に入所されている方も多く、急性期の治療後に「地域包括ケア病棟」及び「療養病棟」にて在宅への訓練、心の準備をしてから退院していただいております。これらの調整機関もあり平均在院日数が長くなっております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale 0,1又は2 12 20.42 16.18 0 68.33
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 処置2なし 定義副傷病なし - - - - -
010060x2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale 3,4又は5 - - - - -
160100xx99x01x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 定義副傷病あり - - - - -
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし - - - - -
脳梗塞は発症から短時間に治療開始する事により、神経症状を軽減させることが出来る疾患です。超急性期治療としてt-PA静注療法を行なっております。また早期リハビリテーションを実施する事により早期の在宅復帰を目指しております。
※10症例未満は(-)で示しております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障,水晶体の疾患 手術あり 片眼 133 2.78 2.84 0.75 75.13
020320xx97xxxx 眼瞼,涙器,眼窩の疾患 手術あり - - - - -
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 処置2なし - - - - -
白内障による入院が多くを占めております。高齢の方が多く、合併症、感染を考慮して入院による手術を行なっております。
表記上、一般病棟に1回以上入院した患者数を掲載していますが、一般病棟を経由しない患者数は90名おり白内障・水晶体の疾患は合計223名となっております。
※10症例未満は(-)で示しております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 26 4.85 5.10 0 67.00
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍,急性扁桃炎,急性咽頭喉頭炎 手術なし 15 4.33 5.43 0 37.00
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 処置1あり - - - - -
030428xxxxxxxx 突発性難聴 - - - - -
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 - - - - -
上位5症例の内、最も多いのは前庭機能障害(めまい)の患者様になります。
早期の要因分析・対応が平均在院日数の短縮に繋がっております。
※10症例未満は(-)で示しております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 10 - - - 0 35 1 8
大腸癌 15 21 18 15 11 46 1 8
乳癌 22 19 - - - - 1 8
肺癌 - - - - - 14 1 8
肝癌 - - - - - - 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
臓器別に初発と再発の患者数を示しております。
患者数では大腸癌が最も多く、次に乳癌、胃癌となります。
迅速な検査等で早期癌の発見に努めております。又、化学療法など患者様に合わせた治療を選択し総合的に管理しております。
※10症例未満は(-)で示しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 21 12.10 54.62
中等症 97 29.48 81.70
重症 32 28.53 86.72
超重症 - - -
不明 - - -
成人の市中肺炎(普段社会生活の中で罹患した肺炎)について重症度別に集計したものです。
当院では中等症の症例が最も多くなっており、全体の65%を占めております。
中等症以上の平均年齢は80代となっており、高齢者が重症となる傾向があります。
※10症例未満は(-)で示しております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 55 37.62 77.64 4.92
その他 - - - -
平均年齢は77.6歳、多くは発症後3日以内に治療開始となっております。
早期リハビリテーションに努め、在宅復帰に不安等を抱える方につきましては「地域包括ケア病棟」及び「療養病棟」を有しておりますので在宅への訓練、心の準備をしてから退院していただいております。
※10症例未満は(-)で示しております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 399 0.07 1.17 0 68.95
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 33 2.15 7.15 0 61.91
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 29 1.17 4.24 0 67.72
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 24 4.79 12.83 0 71.50
K6335 鼠径ヘルニア手術 19 1.05 6.47 0 70.00
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術を399件と最も多く行なっております。
当院の「初発の5大癌のUICC病期」でも大腸癌の件数が最も多く見受けられ、早期発見に力を入れております。
続いて腹腔鏡下による胆嚢摘出術・鼠径ヘルニア出術、手術創が小さく患者負担の少ない手術を多く行なっております。
表記上、一般病棟に1回以上入院した患者数を掲載していますが、一般病棟を経由しない患者数、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術は30名、鼠径ヘルニア手術(腹腔鏡下を含む)17名おり、合計数は、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術429名、鼠径ヘルニア手術は65名となります。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 31 2.32 3.87 0 73.39
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 21 62.90 62.29 19.05 84.05
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 20 0.85 2.10 5.00 74.25
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 14 6.57 8.29 0 81.43
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) - - - - -
冠動脈ステント留置術、冠動脈形成術、ペースメーカー移植術と心疾患に関する手術が上位を占めています。
又、高齢化に伴い嚥下障害(脳梗塞、誤嚥性肺炎等)による胃瘻造設術の症例も行なっております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿・上腕・肩甲骨) 68 4.71 41.04 7.35 79.28
K0462 骨折観血的手術(前腕・下腿・手舟・手舟状) 33 3.18 14.39 0 68.09
K811 人工骨頭挿入術(股) 30 6.63 55.50 10.00 80.90
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 30 1.00 15.93 0 67.70
K0463 骨折観血的手術(鎖骨・膝蓋骨・足・手) 21 2.71 7.33 0 55.10
骨折観血的手術(大腿・上腕・肩甲骨)を多く行なっております。高齢化も伴い大腿骨の手術が多くを占めております。
続いて骨折観血的手術(前腕・下腿・手舟状骨)、人工骨頭手術も行なっております。
術後は、早期にリハビリテーションを行ないADL(日常生活動作)の向上に努め、「地域包括ケア病棟」を有しておりますので在宅への訓練をして退院していただいております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - - - - -
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -
件数は多くないですが、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術が多く行なっております。
又、t-PA静注療法にも対応し早期回復に努めております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 133 0.78 1.0 0.75 75.13
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) - - - - -
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) - - - - -
白内障に対する水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)を最も多く行なっております。
表記上、一般病棟に1回以上入院した患者数を掲載していますが、一般病棟を経由しない患者数は90名おり合計223名の方が水晶体再建術の手術を行なっております。また平均年齢も高齢化しております。
※10症例未満は(-)で示しております。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K287 先天性耳瘻管摘出術 - - - - -
K340 鼻茸摘出術 - - - - -
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 - - - - -
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
件数は多くないですが多種多様な疾患に対応しております。
※10症例未満は(-)で示しております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 10 0.27
異なる 11 0.30
播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症の診断群分類を選択した症例数と発生率を示したものになります。合併症が発生しないよう細心の注意を払い、症例が認められた場合には原因菌を調べ感受性(効果が高い)抗生物質、抗菌薬と投与を行ないます。
更新履歴