医療安全

医療安全管理に関する基本的考え方

  1. 医療を提供するにあたり、事故発生を未然に防ぐことが原則であり、事故が発生した場合は、救命措置を最優先するとともに、再発防止に向けた対策を取る必要があります。当院の医療従事者は、事故の無い安全な医療を目指すように努め、医療事故を回避するために最大限の努力を払います。
  2. 事故を未然に防ぐ方法や安全性を確保するために、関係者は医療安全管理マニュアルを十分理解し、患者様との信頼関係を強化し、患者様と医療従事者との対等な関係を基盤とする「患者様をパートナーとする医療」「患者様の安全性を最優先に考える医療」の実現に努力します。
  3. 職員の自主的な業務改善や能力向上活動を強化します。
  4. 継続的な医療の質の向上を図る活動を幅広く展開します。
  5. 安全で質の高い医療を提供するために、必要な情報は院内の職員全員で共有できるように、適宜適切な方法を用いて周知徹底するものとします。

組織及び体制

医療安全対策と患者様の安全確保を推進するために、医療安全管理対策委員会、リスクモーニングカンファレンス、 リスクマネージャー会議、院内感染防止対策委員会および院内感染管理者、医薬品安全委員会および医薬品安全管理責任者、医療機器安全管理委員会および医療機器安全管理責任者を設置しています。

医療安全管理のための研修について

研修は医療安全の基本的な考え方、事故防止の具体的な手法を全職員に周知徹底することを通じて、職員個々の安全意識の向上を図ることを目的とし、年に2回全職員を対象として実施しています。

事故発生時の対応について

医療安全管理マニュアル、医療事故防止マニュアル及び、医療安全ポケットマニュアルに則り対応します。

患者様からの相談への対応について

病状や治療方針などに関する患者様からの相談に対しては、各担当者が誠実に対応し担当者は必要に応じて主治医、担当看護師等へ内容を報告致します。

Copyright © Hasuda Hospital all rights reserved.

このページの先頭へ

MENU