医師事務作業補助課

医師事務作業補助課の役割

 厚生労働省医政局長通知(医政発第1228001号)「医師及び医療関係職と事務職員等との間での役割分担の推進について(以下『役割分担通知』という)」を契機に医師と医療関係職種等の役割分担が見直されるにあたり、医師の事務負担軽減を目的として新たに設置した組織です。
 当院では施設基準が新設された当初より施設基準を申請し、紆余曲折にも15年が経過しました。業務内容は多岐に亘り、日々が自己研鑽であり、和気あいあいと活気ある部署です。
 現在までは、院内の職員を軸に配置転換等で構成して業務を行なって参りました。しかしながら『医師の働き方改革』の取り組みへの警鐘が鳴らされる今般、新卒者の雇用、実績がありながらも何かしらの理由により現場から離れている潜在的な方々の雇用などを促進し、新しい環境を構築している最中です。当課としてのキャリアラダーを制定し、働き、そして学びやすい環境の部署となっております。
当院のキャリアラダー

業務内容

  • 診断書、医療文書の作成補助
  • 診療記録への代行入力
  • 医療の質の向上に資する事務作業(診療に関する データ整理、院内がん登録等の統計・調査、医師等の教育や研修・カンファレンスのための準備作業等)
  • 行政上の業務(救急医療情報システムへの入力、感染症サーベイランス事業に係る入力等)

目標

2022年度 目標

2023年度 目標

  • 施設基準 新規申請(30対1 区分Ⅰ) 7名以上の配置
  • 院内がん登録 実務者(初級) 1名以上合格
  • 新卒者採用 若干名
  • 学会参加

認定資格取得者 3人体制(2022.11.01付け)

  • 診療情報管理士 1人
  • 院内がん登録 実務者(初級) 2人
  • 32時間研修(重複カウントあり)
  •  日本病院会 2人
     全日本病院協会 1人

当課の目標

  • 日進月歩の進化に遅れないため、日々の研鑽に努めます。
  • 個人情報保護法やガイドラインに基づき、個人情報の紛失防止に努めます。
  • 診療情報の記録指針2021(日本診療情報管理学会)に基づき、公的文書を
    代行記載しているということを忘れずに、虚偽の記載を行わないことに努めます。
  • 質の高い医療を患者様へ提供できるよう医師を支えることに努めます。

採用情報はこちら

Copyright © Hasuda Hospital all rights reserved.

このページの先頭へ

MENU