女性の活躍

次世代法、女性活躍推進法に基づく行動計画

当院は現在でも女性が活躍をしていますが、より豊かで活力のある職場環境を実現し、女性職員の能力を充分に発揮できる
ように、次のように行動計画を策定致します。

計画期間

  • 平成31年4月1日から令和4年3月31日までの3年間

内容

目 標1:
現在の管理職に占める女性職員の割合を40%以上にする。

対 策1:

  • 男性職員中心の職場への女性職員配置・拡大の検討
  • 職種に応じたキャリアパスの作成・導入の検討
  • 人事評価、教育育成(管理職研修)等制度の改定

目標2:
女性職員の平均勤続年数(6年2ヶ月)を男性職員の平均勤続年数(7年3ヶ月)と同水準まで引き上げる。

対 策1:

  • 引き続き仕事と家庭の両立を可能とする職場風土作りの意識啓発の実践
  • 産休・育休中職員の復職率向上のための施策の検討
  • 3日間の連続した有給休暇の計画取得の実現

(作成日 平成31年2月15日)

Copyright © Hasuda Hospital all rights reserved.

このページの先頭へ

MENU