健康セミナー 令和4年分 | 蓮田病院

健康セミナー 令和4年分

☆は現在在職しておりません。

第314回:『新型コロナウイルス3年目』

 理事長 前島 顕太郎
(日本医科大学非常勤講師 日本外科学会指導医/専門医 日本消化器外科学会指導医/専門医 日本消化器内視鏡学会指導医/専門医 日本消化器病学会指導医/専門医 日本消化管学会胃腸科指導医/専門医/認定医 日本大腸肛門病学会指導医/専門医 日本がん治療認定医機構がん治療認定医 消化器がん外科治療認定医 日本食道学会食道科認定医 厚生労働省認定臨床研修医指導医)

 新年あけましておめでとうございます。皆様お健やかに新春をお迎えのことと存じます。
 昨年はコロナが猛威をふるいました。特に日本においての「第5波」は、相当の感染者数と死者を出しました。本稿を執筆している現在は、感染者数は激減し落ち着きを取り戻しつつあります。ワクチン接種の普及や感染対策によるものと推察されていますが、海外に目を向けるとワクチン接種が進んでいる国でも感染者の再増加をうけている地域もあり、予断はゆるさない状況です。日本でも、「第6波」が来ることに対し危機感をもっているかたも多いと思います。
 そのようななか、抗体カクテル療法などに加え経口薬の使用が始まろうとしています。ワクチンの3回目接種も検討されています。新型コロナウイルスとの闘いは3年目に突入しました。
 しかし、このような状況が永遠と続くことは無いはずです。いつか克服し、日常を取り戻せる日が来るはずです。それまでできることは、やはり基本的な感染防止対策であると思います。今一度、再確認し行いましょう。
 感染防止の3つの基本、①身体的距離の確保(ソーシャルディスタンス)②マスクの着用③手洗い・手指消毒です。

Copyright © Hasuda Hospital all rights reserved.

このページの先頭へ

MENU